香のかたちと紫水苑

 
(かおり)のかたち」は、四季折々の花や生き物、人形、袋物などをモチーフにして香袋に仕立てたものです。絹布を独自の色に染め上げ、その風合いを生かし、優しさ、やわらかさ、愛らしさを表現しています。
袋の中にしのばせたお香がほのかに香ります。
自然の中の美しいがゆえにかわりゆく姿を香袋として留めおきたい、それが中野ゆき「香のかたち」の心です。
中野ゆきのオリジナルの作品は、「香のかたち」として商標登録しております。

紫水苑は「香のかたち」を作ってみたい方々のための香袋教室です。 1991年より京都、大津で開講しています。
独自の教材で、季節感あふれる香袋を、一針一針丁寧に仕上げていきます。
出来上がる喜びと同時に、清らかな香りの中、心豊かなひとときを過ごしていただける教室です。